『らくらくハーネス』で解決したかったこと

犬との生活に散歩は欠かせません。
しかし、散歩には以下のような課題が挙げられ、犬と人を悩ませています。
そこで、『らくらくハーネス』を使っていただくことで、数々の悩みから犬も人も解放したい!!
そんな想いから、今回のハーネスの作成をしました。

ハーネスを装着して散歩するラブラドール

苦しそうな犬を解放するために

多くの方が首輪をつけてお散歩をしています。
実は首輪でのお散歩は、大型犬でも小型犬でも、体に負担をかけています。皆さんは、こういった犬の様子を見たことありませんか?

【散歩中に苦しそうに呼吸する】【ガハァ!!っと咳をする】

犬の首輪の位置には食道と気道がありますが、これらを保護する骨はありません。つまり、後ろに引っ張ることで首輪がこの部位を圧迫して苦しくなるのです。

そこでらくらくハーネスは、犬の胴体部分の骨に沿わせ、体を圧迫しない構造を考えました。

引っ張る力を、分散するために

リードを犬の体のどの位置につけていますか?
首の後ろから背中の位置にリードをつけると、その引っ張る力は犬が前に進もうとする力と同じになります。

つまり、大型犬に首輪や胴輪(背中の位置にリードをつけるタイプ)を使うと、常に犬の力に対抗しなくてはならなくなるのです。

では、どこにリードをつけるのが良いか。楽に犬を制御するには、可能な限り体の先端に装着することです(例えば牛は鼻輪にリードをつけます)。
しかし、首より先にリードをつけると、突発的な動きによって頚椎を痛める可能性が出て来ます。
犬の体を保護し、可能な限り動きが制御できる部位を考えると、胸の前、胸骨の先端部分が最良の選択肢だと考えました。

ハーネスを装着するブルテリア

お散歩トレーニングをしやすくするために

引っ張り防止の道具は数多くありますが、それらは犬の体に違和感や痛みを与えることで、引っ張る行動を抑制しているに過ぎません。
これは、引っ張ったら違和感を与え、側にいたらその違和感から解放される、言わば陰性強化法※を用いたトレーニングとも言えます。
(※動物に嫌悪刺激を与え、そこから解放することを報酬とするトレーニング手法のこと。)
最近では、動物福祉の観点から、褒めてしつける方法が主流となり、人の側にいる時にご褒美を与えることで、引っ張らずに歩くトレーニングができます。
このとき、体に与える違和感を最小限にした方が学習効率が良いということは当たり前のことです。
そこでらくらくハーネスは、体を締め付けないだけでなく、肩甲骨の動き、つまり犬の前足の動きを邪魔しない構造を考えました。

ハーネスの装着と取り外しを楽にするために

ほとんどのハーネスは、犬の頭からかぶせて使うものばかりです。
しかし犬が、ハーネス装着を嫌がって逃げ回ったり、取り外す時に勢いよく後ろに下がり逃走、または耳にハーネスが引っかかって怪我をする。
そんなことの繰り返しでは、飼い主も犬も嫌になります。

そこで、ハーネスを頭から通さなくても良い構造を考えました。

ハーネスを装着するラブラドール

開発者プロフィール

長谷川成志

長谷川 成志(学術博士)Masashi Hasegawa Ph.D

犬のしつけ方教室「スタディ・ドッグ・スクール®」を企画運営。

麻布大学にて犬のボディランゲージの研究を行い、学位を取得。
その他にもアメリカの介助犬団体に留学しCertificate of Achievementを取得したほか、世界的なドッグトレーナーの資格であるCPDT-KAを取得。
常に最先端のトレーニングに精通し、雑誌「愛犬の友」、「wan」などに執筆するほか、ドッグトレーナーや獣医師など専門家相手にも教育を行い、愛玩動物飼養管理士に対し動物行動学の講義を行うなどその活躍は多岐にわたる。

ご購入