らくらくハーネスに込めた開発者の思い

当然ですが、犬には運動が必要です。しかし、仮に広いお庭で毎日運動ができたとしても、彼らは社会性のある生き物ですから、散歩に出て匂いを嗅いだり、他の犬とコミュニケーションをとる機会を持たせることが必要です。つまり、犬にとっての『散歩』は、犬の社会的な欲求を満たすためにとても重要なことと言えます。

犬たちは、気持ちに素直な生き物。散歩中に気になる匂いがあったり、何かが落ちていれば、そこまで必死になって行こうとします。しかし、近づいても平気なものもあれば、危険なものもありますから、飼い主さんはリードを使いながら犬の動きをコントロールする必要が出てきます。これは、とても疲れる作業のため、散歩が億劫になってしまう人も少なくないでしょう。さらに、犬によっては、コントロールされる度に、体に負担がかかるため、散歩が嫌いになることもあります。

それならいっそのこと、リードを外して歩いたら? などと思わないでください。リードは、人社会で散歩をする犬にとっての命綱。そして世の中には、犬アレルギーの人や、犬が嫌いな人もいますから、飼い主として公共の場所でのマナーを守る必要があります。

つまり犬との散歩では、人がお散歩を続けたくなり、さらに犬の体に負担がかからない、お互いが“らく”になれるアイテムが求められているのです。

特に子犬の頃は、骨格が未成熟で体が柔らかいため、極端に体を圧迫してしまう道具は使わない方が良いといえます。しかし、小さな首輪になるほど細いため、気道や食道を圧迫し、咳き込んだり酸欠の原因にもなります。もちろんこのような事態は、引っ張りの強い成犬でも同様に起きます。

そこで、首輪ではなく、体を覆っている胴輪(ハーネス)をつかう選択肢が挙がります。これによって、首を圧迫するなど、犬の体に過度な負担をかけることを避けることができます。

しかし、ハーネスを装着した場合、どこにリードをつけるかが重要です。一例として、ソリを引く犬であれば、リードは背中から後方につけます。その方が、犬が前に進もうとする力が、目一杯ソリを動かす推進力へと変化するからです。つまり犬との散歩で背中にリードをつけるハーネスを使うと、犬が前進する力は、全て人に伝わることになるのです。

 

つまり、犬のためを思ってハーネスを使用しているのはいいけれど、背中にリードを装着すると、人は強い引っ張りを感じるようになり(決して犬たちは、人のことを引っ張ろうとしているわけではありません)、結果的にお散歩が億劫になり始めるのです。

この事態の解消するためには、ハーネスの背中部分にリードをつけるのではなく、胸の前にリードを付けることです。それによって、今までのように強く引っ張られることも減り、ほんの少しの力で犬の進行方向が変えられることで、人が“らく”に散歩ができるようになります。

らくらくハーネスを使うと、引っ張る力が軽減します。どの程度減るかといいますと、下の動画をご覧いください。

体重が35kgのカネコルソですが、犬と遊びたく近づこうと必死です。この時に、人を引っ張っている力は約22.6kgとなります。そこで、らくらくハーネスを装着し、胸の前にリードをつけると・・・。

引っ張る力は約22.6→7.4kgに減りました!!

つまり、らくらくハーネスを装着すると、引っ張る力がおおよそ1/3程度に軽減される結果となりました。ということは、人にかかる負担が減ると同時に、犬の体にかかる負担も軽減されているということになります。

このように、らくらくハーネスを使用するだけで、強く前に進もうとする力を減らすことができるのです。

頭や足を通して装着するハーネスの場合、暴れてしまってなかなか装着することができなかったり、ハーネスが耳に引っかかってしまって犬が痛い思いをしたりと、散歩前後の時間がとても長く、苦痛を伴うものになってしまいます。

そこで頭や足を通す必要がなく、簡単に装着できるものがあれば、この問題を改善することができます。

つまり、ハーネスのつけ外しを“らく”にすることは、散歩に出る前の時間と帰って来てからの時間の短縮と、犬を苦痛から解放することにつながり、人と犬とってストレスとなる時間を減らすことにつながるのです。

そこで、らくらくハーネスは、頭と足を通さなくてもでつけ外しができる構造に設計しました。

詳しくは、下の動画をご覧ください

ハーネスの中には、脇が擦れてしまうものがあります。脇が擦れてしまうと、その箇所に当て布をして皮膚を保護する工夫が必要になります。さらに症状がひどい場合には、動物病院で治療してもらうことになります。

これに対処するためには、ハーネスが脇に当たらない工夫をする必要があります。そこで、“らくらく”ハーネスは、胸の長さが調節できるように設計し、ハーネスが脇に当たらないように調整することができます。

”らくらくハーネス”は、肩甲骨の動きを邪魔しない、そして体を締める構造になっていません。そのため、犬が人の横にいる際に褒めることで(陽性強化法)、効果的にお散歩のトレーニングをすることができます。そして、ハーネスを外したとしても、トレーニングの成果を実感することができます。

一方で、犬が前に引っ張ると体が締められたり、肩甲骨の動きを抑えるハーネスもあります。(ハーネスを構成するパーツの中に、下の写真のような箇所や構造のものは、体を締め付け、肩甲骨の動きを邪魔するものとなります。※これは一例です。)

このようなハーネスの場合、『犬が前に進むことで違和感を感じ、その場で止まり、そして人の横に移動することで、その違和感から解放される』。これによって、人の横にいることを学習します。これは陰性強化法と呼ばれるトレーニング手法で、沢山ある引っ張り防止ハーネスの中には、そのような構造になっている物もあります。

もし、陰性強化法によって人の横を歩くようになったとしても、いざハーネスを外した散歩になると、締めつられる違和感から解放されることなるため、逆に強く引っ張る犬になってしまいます。

散歩中にどんなアイテムを使っても、メリットとデメリットがあります。ですから私たちにできることは、限りなくデメリットを減らすこと。

“らくらくハーネス”は、さまざまなアイテムのデメリットを最小限にしたハーネスです。

しかし残念ながら、人や犬にかかる負担はゼロではありませんし、らくらくハーネスであっても、前に進めない違和感によって陰性強化として働いてしまう可能性もあります。つまり、らくらくハーネスも犬の体に装着する限りは、最高のハーネスだとは言えません。

ハーネスに関わらず、彼らの体に与える違和感を最小限にすることは、どのアイテムであっても共通の課題です。そこで私たちは、これからも犬たちにとってストレスフリーなアイテムを追求していこうと思います。

著者:長谷川 成志(はせがわ まさし)

学術博士。 ドッグトレーナー(CPDT-KA)。 麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、学位を取得. 公益社団法人 日本愛玩動物飼養協会  スクーリング 講師(行動学)。主な著書、「動物看護の教科書」第4巻 行動管理・伴侶動物学 など。