サイズについて

らくらくハーネスは「首輪回り」「胴回り」を測定し、
「体重」「犬種」を参考にして選ぶことでほとんどの犬種にフィットします

A:首回り
首の付け根を一周

B:胴回り
脇の下の胴回りを一周

ハーネスの採寸方法

 

 首回り(cm)胴回り(cm)体重(kg)
Mini24-3330.5-443-6
XS28-3839.5-605-10
S32.5-4645.5-7110-16
M36-5352.5-8016-25
L41-6456-9125-38

 

サイズ表の犬種・体重は目安です。実際に採寸してからご購入ください。
胸の長さを調整することができますので、犬の体にフィットさせることができます。

犬種miniXSSML
 チワワ
ミニチュアダックスフント
トイプードル
ヨークシャーテリア
     
シーズー
ミニチュアシュナウザー

パグ
ジャックラッセルテリア
キャバリア
ボストンテリア
   
柴犬
コーギー
ビーグル
シェットランドシープドッグ
コッカースパニエル
フレンチブルドッグ
   
犬種 miniXSSML
ボーダーコリー
シベリアンハスキー
ダルメシアン
  ●  
ゴールデンレトリーバー
ラブラドールレトリーバー
スタンダードプードル
ラフコリー
    ●● 
ドーベルマン
ジャーマンシェパード
ワイマラナー
    
(※図表が重なって見づらい場合は、画面幅を調整することで改善できます)

装着方法

らくらくハーネスは装着も楽!

①首に装着

バックルをすべてはずします。首輪とつけるのと同じように首回りに装着する。

ハーネス装着首回り

②胴回りを装着

腹部ストラップを前足の間から犬の胴回りまで通し、左右のバックルを背中の上で留める。

ハーネス装着胴回り

③サイズ調整

首回り、腹部周り、胸の長さを、ハーネスと犬の体の間に指が1~2本ぐらい入るように調節する。

ハーネス装着調整

胸の部分のリングにリードを装着し、前に引っ張ろうとする力を分散して引っ張りを防止させることが、らくらくハーネスの最大の特徴です。
適切なサイズを選び、リングが胸の正面に来るように装着すれば、犬が引っ張った際、飼い主が立ち止まるだけで犬は引っ張ることができなくなります。

【注意】
・胴輪の装着の向きや調整を間違えると、効果を得られない場合がございます。正しい装着方法をご確認ください。

・装着しながらの調整は犬が嫌がる場合がありますので、サイズ調整をしてから装着することをお勧めします。

使用方法

理想的なお散歩を目指して

らくらくハーネスを着けて、楽しく理想的なお散歩を目指しましょう。

そのためには、お散歩にフードやおやつなど、犬のご褒美になるものを持っていき、一緒に歩いている時、褒めながらコミュニケーションを取ることが大切です。

らくらくハーネスを装着し、楽しくトレーニングすることで、より一層効果が得られます

「犬が行きたい方向へついていく」
「リードを長くして犬の自由に歩かせる」
そのようなお散歩を続けていると、犬は飼い主と一緒に歩くことを覚えず、もっと引っ張るようになってしまいます。
引っ張らずに歩くようにするためには、リードの長さをきちんと決め、人の歩調で一緒に歩くことを習慣にしなければいけません。

お散歩するトイプードル

ご購入